お宝を探しに探検した事ってありますか?小さいころによく山とか川で「お宝探すぞ」って叫びながら探検したりしませんでした?
私がそだったのは、大自然の山の中って事もあって、それはもう毎日お宝探しの度に友達と一緒に出かけていたものでした。
あの頃は本当にお宝がどこかに眠っている!と自信満々で、みんなとはしゃいでいたものです。
もちろん、そんなお宝があるなんて根拠はどこにもなかったんですけどね。今となってはいい思い出の1つです。

しかし、最近おとなになってからそんなお宝を発見したかもしれないんですよね!これはもう同時の少年時代の血が騒ぐレベルといってもいいでしょう。
最近母方の実家へ久々にいく事になったんですよね。
母の父、つまり祖父が数年前に他界し、母の母である祖母が1人で生活すルのも心配だという事で同居する事になったんです。
それで家の片付けをしていたのですがそこで見つけたのが、刀剣、日本刀です。
日本刀や刀剣といえば、大人になった私にとってもお宝として目に映りましたよね。それは多少のサビはあったものの素晴らしい姿をしていました。
しかし祖母はそんな刀剣や日本刀を処分してほしいと言いました。日本刀や刀剣は祖父の趣味のようなものでしたが、今は誰も必要ではないだろうという事だったんです。

私はちょっと寂しい気もしましたが、そのお宝でもある日本刀、刀剣を買取の処分に出す事に。買取は処分方法として一番最適だと思ったんです。
その買取にはそれらの刀剣や日本刀をプロとしている人がおり、そしてその方達の査定によって買取って貰えますので、まさにぴったりではないでしょうか?
みなさんもそんなお宝眠っていませんか?

外部リンクへ